“ふくしま”からHOTな情報を発信!!
■東日本大震災にて被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます 。 一日も早い復興を心から祈っております。■ ◆除染ボランティア⇒ 活動レポート   ・いわきスタッフ日記
◆福島県の情報
イベント情報  ・観光スポット  
◆いわき市情報
いわき市はこんな町   ・観光スポット  ・イベント情報
◆いわきに住みたい人の情報サイト
・いわきふるさと誘致センター  ・いわき地域情報総合サイト ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 福島県いわき市にて被災地の復興活動を支援  ◆ふくしま国際メディア村について mediamura_bana.gif ■いわき市 高齢者専用賃貸
・高齢者に優しいシルバーケア・ハウス「孔輪閣」
■いわき市 おすすめ物件

・小川町“梨花の里”格安分譲地 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 東京での一人暮らし・高齢者にも安心快適な共同住宅 サンセゾン・アイ概観-thumb-450x337

独身やまたは高齢者の方も 安心して一人暮らしをすることができる賃貸住宅です。24時間常駐のフロントに、サウナ付 きの大浴場、居住者専用のレストランも併設。年齢に関係なく短期(1ヶ月~)の東京滞在 におすすめいたします。
ハートフルハウス「サンセゾン・アイ」


ご相談・資料請求は下記へお気軽にどうぞ!
㈱イチイ いわき支所 TEL:0246-26-4100
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            年4回発行の“ ふくしまファンクラブ”会報紙が届きました。

            いつも福島県内のたくさんの情報を会報紙と一緒に
            送って頂いています。

            今回は 秋号ですね県内の紅葉スポット情報がたくさん紹介されていました。
            

            やはり、福島県!
            『田舎で暮らしませんか?』という、ふるさと誘致の募集が多い!

            その中にありましたよ~いわき
            いわきふるさと体験プログラム コチラ↓

                

            将来いわきに住んでみたい、一度いわきを見てみたい!といった方のための
            体験プログラムです。

            10月に2回行われます。
              
              第1回目【1泊2日】平成22年10月16日(土)~17日(日)
              第2回目【1泊2日】平成22年10月30日(土)~31日(日)

                 参加費 お一人 8,000円
                 定員  各回先着15名(定員になり次第締め切り)


            海と山の恵みを体感しながら、稲刈り体験・森林浴・いわき湯本温泉入浴など
            都会では味わうことのできない、田舎ならではの楽しみがいっぱいの2日間

            この機会に、いわきを知り、いわきを体験してみてください

            また、首都圏に近い自然豊かな土地で二地域居住を楽しみたい・・・
            都会を離れて、週末・お休みの日にはいわきでのんびりしたい・・・

            そんな都会と田舎でマルチハビテーション生活もおススメですよ


            ちょいなか ちょいまち いいかもいわき
             
 コチラ→ IWAKIふるさと誘致センター
                        (いわきふるさと体験プログラム詳細は事務局へ)


 
★IWAKIふるさと誘致センター事務局★
  福島県いわき市平字田町120 ラトブ6階
  0246-25-9151           
 

  
スポンサーサイト
               ふくしまの田舎に住んで民家!?     

       以前、福島の古民家など空き家見学ツアーへの参加募集のお知らせをしました。
       
       今現在、ふくしまの家地域活性化推進協議会 では生活体験モニターを募集しています。

       
               モニター募集


       福島県内各地に5棟の古民家などの空き家を用意しています。
       もちろんいわき市もありますよ~

       都会から田舎暮らしをしたいと思っても、不安なことが多いのが事実。
       それには、実際に現地の生活を体験していただくのが一番ですよね

       1ヶ月~3ヶ月滞在して 田舎暮らしの良さを感じてみませんか?
      
       実際に体験してみなければわからないことって 多いものです。

       ぜひ、田舎暮らし 体験してみませんか?


           モニター募集期間 平成22年6月14日~平成22年11月30日  只今受付中!!
           家賃不要!!(現地までの旅費・滞在期間中の光熱費などは自己負担)
                    
                                      ※詳細はこちら

★ふくしまの家地域活性化推進協議会★
〒960-8061福島市五月町4-25 福島県建設センター5階
(福島県耐震化・リフォーム等推進協議会内) 
TEL:024-521-5252 FAX:024-529-5274



           ふくしまの田舎に住んで民家(みんか)?
       
       そんなタイトルのイベントの広告が “ ふくしまファンクラブ ”の会報紙と一緒に
       送られてきました
            
             
             kaihou.jpg


       この ふくしまの田舎に住んで民家(みんか)? のツアーが
       6月27日~6月28日(1泊2日)にあります。

         ① 福島市周辺コース
         ② 喜多方市周辺コース
         ③ いわき市周辺コース

       コースが3つあり、各地の古民家などの空き家を見学・生活支援団体との交流などなど。
       ふくしまの田舎暮らしを体験できるのではないでしょうか

       締切が6月21日(月) しかも先着順 どのコースともまだ空きはあるそうです       
             (もう少し早くアップすべきでしたゴメンナサイ
         
      
       首都圏に近い自然豊かな土地で二地域居住を楽しみたい・・・
       これこそマルチハビテーション
     
       実際に体験してみなければわからないことって 多いものです。

       ぜひ、田舎暮らし 体験してみませんか?

       生活体験モニターも 募集しているようです。 詳しくはこちらから。


★ふくしまの家地域活性化推進協議会★
〒960-8061福島市五月町4-25 福島県建設センター5階
(福島県耐震化・リフォーム等推進協議会内) 
TEL:024-521-5252 FAX:024-529-5274

       
 
 豊かな山林に囲まれた、いわき市の北西端にある川前地区。いわき市になる前「川前村」と呼ばれていました。東京都千代田区の10倍の面積に人口はわずか約1,600人。おいしい空気ときれいな水に恵まれ、信号機もなく、まさにゆったりとした時が流れています。そんな地域だからこそ、人と人とのつながりを大切にして暮らす温かさがあります。
 この川前地区にある「いわきの里鬼ヶ城」では定住・二地域居住お試しプログラムが体験できます。
そして、この地域をよく理解したうえで住んでみたいとお考える人には、IWAKIふるさと誘致センターと地域住民が一緒になって、空き家探しなど新しい生活のお手伝いをしてくれます。 まさに地域ぐるみで田舎暮らしを応援してくれるなんて、心強いですよね。

●体験料: お試しプログラム限定特別料金 一泊二日朝・夕食付き 6,300円(通常は7,820円) ただし休祝日の前日は7,350円(通常は8,920円) (※コテージについては、4人まで一棟一泊16,800円 休祝日の前日は18,900円です)
●問合せ: いわきの里鬼ヶ城
●電話:0246ー84ー2288  
いわきの里鬼ヶ城 ホームページ
●要予約
●体験場所
  いわきの里鬼ヶ城
●交通のご案内
  いわき駅から車で約1時間



 
都市に住む人たちが農山漁村を訪れて自然や文化、そこに住む人々と交流を楽しむことができる「グリーン・ツーリズム」。これは、海や山で思いっきり遊んだり、田舎暮らしを気軽に体験できる余暇活動です。

ヨーロッパの国々では、心の豊かさを得るための余暇の過ごし方として広がっていますが、日本でも都会で暮らす住民からの関心が高まっているため、全国各地の市町村では地域の活性化の手段として、受入体制の強化など積極に取り組みが行われているようです。

福島県は、海・山・川・湖沼などの自然や郷土芸能・文化・歴史、地域独特の暮らしなど豊かな地域資源に恵まれています。福島県のグリーン・ツーリズム民宿や旅館、キャンプ場などに泊まって農家の人と一緒に田植えや稲刈り、野菜の収穫などを農作業体験したり、海では地引き網体験や潮干狩りなども体験できて、地元の人たちと交流しながら田舎暮らしを満喫できます。

福島県内で楽しめる様々な体験メニューを選択・検索し、ユーザーが実際に体験して見たい「モデルコース」を作成することができる福島県グリーン・ツーリズムはこちら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。